アマゾンde通販

「アマゾンde通販」 はWiiを始めとした売れ筋商品をジャンルごとに特集した通販サイトです。
洋書 ミュージック DVD ソフトウェア
ゲーム エレクトロニクス ホーム&キッチン おもちゃ&ホビー カート |  ヘルプ
ヘルス&ビューティー スポーツ 時計

サブカテゴリ
洋書
Subjects
Refinements
3column
Anywhere
By Publisher
Featured Categories
Formats
Special Features
Substores
gp

特集
アクセサリー
ファッション小物
チャイルドシート
ベビーカー
ハリー・ポッターと死の秘宝
DVD在庫一掃セール
ハリー・ポッター7
ダイエット
Amazonスタイルショップ
ミュージックDVD
Office2007
フィットネスマシン
赤ちゃんのおもちゃ
Wii
ニンテンドーDS
プレイステーション3
目覚まし時計

ブラウズ
amazon.co.jp
初めてのお客様へ
 
特集・セール一覧
HotBUY
全ストアのおすすめ情報
 
¥Make Money Amazonでビジネス
Amazonマーケットプレイス
家にある本・CD・DVD・ゲームを売ろう
Amazon e託販売サービス
委託在庫で販売チャンス拡大
アソシエイト・プログラム(アフィリエイト)
Amazonにリンクして紹介料をもらおう
Webサービス
Amazonのデータでアプリケーション開発
詳しくはこちら
 
こちらもどうぞ
Amazonプライム
速達お届け、当日もOK
Amazonポイント
1ポイント=1円、貯めて使える
Amazonクレジットカード
オンラインで簡単手続き
Amazonショッピングカード
ショッピングをもっと気軽に
Amazonギフト券
贈り物ににぴったり
Amazon モバイル
ケータイからも気軽にショッピング
スタッフ募集
多くのポジションを募集中





 

洋書

アイテム一覧
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
Essential Grammar in Use Edition with Answers and CD-ROM PB Pack (Grammar in Use) First Aid for the USMLE Step 1 2009: A Student to Student Guide (First Aid Series) Playboy: Brunettes Harry Potter and the Sorcerer's Stone (US) (Paper) (1) Pocket Medicine: The Massachusetts General Hospital Handbook of Internal Medicine (Pocket Notebook Series) Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK) He's Just Not That into You: The No-Excuses Truth to Understanding Guys Early Autumn The Great Gatsby (Penguin Popular Classics) The Reader (Movie Tie-in Edition) (Vintage International)
Essential Gramm.. First Aid for t.. Playboy: Brunet.. Harry Potter an.. Pocket Medicine.. Harry Potter an.. He's Just Not T.. Early Autumn The Great Gatsb.. The Reader (Mov..

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 
9 / 10

Essential Grammar in Use Edition with Answers and CD-ROM PB Pack (Grammar in Use)

[ ペーパーバック ]
Essential Grammar in Use Edition with Answers and CD-ROM PB Pack (Grammar in Use)

・Helen Naylor ・Raymond Murphy
【Cambridge University Press】
発売日: 2007-01-25

参考価格: 3,058 円(税込)
販売価格: 3,910 円(税込)
Essential Grammar in Use Edition with Answers and CD-ROM PB Pack (Grammar in Use)
Helen Naylor
Raymond Murphy
カスタマー平均評価:  5
<優れていると思う点> 
・基礎的で重要なことが簡単な単語とイラストを使って丁寧に説明されています。
・willとbe going toの違い、mustとhave toの違い、littleとa littleの違い、
 時を示すin,at,on、場所を示すin,at,onの使い分け、ifとwhenを使う時の注意事項、等々
 実にわかりやすく書かれています。
・あなたの状況に応じた文章を作ってみましょう、のような独特で豊富なExerciseが理解を
 助けてくれます。
<改善がほしい点> 
・付属のCD(Additional exerciseやゲームなどが入っている)をインストールしましたが、
 インターネットに接続されていない環境でソフトを起動するとPCがハングアップしたり、
 インストールしたPCで一部の文字フォントが使えなくなったり、不具合がおきました。

なぜ社会人の英語やり直しにお勧めかと言うと、単語のみならず文法でさえも翻訳中心の教育
を受けてきた方は正しく理解できていないことが多かれ少なかれあり、この本はその間違った
理解を追い出してくれると確信したからです。また中級用のEnglish Grammar in Useでも
ほぼ同じ内容が載っていますが、Essentialのほうが少ない範囲のことを詳しく、イラストも
多く使って、書かれているので、よほど自信のある方以外はこちらから入るほうが結局は近道
になるのではないかと思います。

文法を身につけるには、その文法を使った英文作成のアウトプット練習が最適かと思います。
私は毎日の通勤電車の中で前日の出来事の英語日記をノートや手帳に書き、この本で学んだ
文法表現をなるべく多く取り入れながら英文を書く練習を数ヶ月ひたすらやりましたが、
シンプルで美しい英文作成力が随分と身についたと思います。 社会人の英語やり直しにお勧めです
Excellent book for working through grammar points. Perfect for native and non-native speakers of English. Essential Grammar in Use Edition with Answers and CD-ROM PB Pack
中学で習った超基本の文法書です。全て英語で書かれていますが、イラストと説明もラーナーズ用に大変わかりやすく書かれているのでとてもわかりやすいです。今さら中学英語からやり直せだなんて、と思っている人ほど、簡単な英作文ができないものですよね。例えば三人称単数のsをつけわすれたりとか、時制が混ざったり正しくなかったり。基礎がしっかりできていなければ、応用なんてできっこない!まずは、これを徹底的に勉強することから始まると思います。 まずはこれ!

First Aid for the USMLE Step 1 2009: A Student to Student Guide (First Aid Series)

[ ペーパーバック ]
First Aid for the USMLE Step 1 2009: A Student to Student Guide (First Aid Series)

・Tao Le ・Vikas Bhushan
【McGraw-Hill Medical】
発売日: 2008-12-11

参考価格: 4,594 円(税込)
販売価格: 4,483 円(税込)
First Aid for the USMLE Step 1 2009: A Student to Student Guide (First Aid Series)
Tao Le
Vikas Bhushan
カスタマー平均評価:  4
私はこの2009年版以前に2度購入しているのでそれと比較して書きたいと思います。

内容は多少削除されたものもありますが、基本的に内容は年度が新しくなるごとに増えています。
特に図表が毎年追加されていて、FIRST AID特有の省略して書かれている内容であっても、一目見るだけで何を言っているのか分かるようになっているのが新しい版のうれしい点です。

USMLEのテスト内容は多少医学の進歩に沿って新しくなっているとはいえ、範囲が大幅に増えてはいないでしょう。でも、年度ごとにFIRST AIDの内容は結構増える。これは、この本に書かれている事は最低限であり、これだけではやはり満足いく点には足りないということを示していると思います。

日本人がUSMLEを受ける時はやはりUSAの人と比べてあまりに低い点数だと意味がない。それを考えると、この本の最後に書かれているUSMLE受験に適した参考書をできるかぎりトライするといった努力が必要なのだと思います。

この本はあくまで自分の理解度チェックとして問題集、参考書の内容を適宜自分のアレンジで付け加えていくのがいいのではないでしょうか。 進化し続けるマスト本

Playboy: Brunettes

[ ハードカバー ]
Playboy: Brunettes

・James R. Petersen
【Chronicle Books】
発売日: 2005-09-05

参考価格: 1,733 円(税込)
販売価格: 1,521 円(税込)
Playboy: Brunettes
James R. Petersen
カスタマー平均評価:  4
ここ30年ほどのプレイメイトを見る感覚、あるいは表紙のモデルの感じで購入すると間違いなく期待を裏切られます。70年代初頭の数人のモデルは自然体で美しくセクシーでもありますが、それ以外の大半をしめる60年代と50年代(特に50年代)のモデルは化粧、髪型、体型そのどれもがあまりにもクラシックでついていけません。この手の写真集は案外、敬老の日に祖父にでもプレゼントすればいいのかもしれません。 Good ?
表紙の女性がかわいかったので購入しました。女性の視点で見ると、50年代から70年代の女性でこんなに素敵な人がいたんだと驚きました。

ですが、表紙の女性とのギャップも大きかったです。水着で日焼けしてない箇所がくっきりだったり、それはそれでいいのかもしれませんが、私は少しがっかりでした。

髪型は参考になります。今でも通用するスタイルもあり、モデルさんによって好き嫌いがはっきり分かれる作品だと感じました。 表紙の女性がかわいかったので・・・
この黄金の3部作を見て先ず最初に感じたのは、"Book Design & Idea"の勝利ということです。素直にArtDirectorに拍手を送りたいですね。一般の方が"PLAYBOY"って聞くと、ただの"Erotic"と単純に解釈してしまう現実がありますが、仕事内容で言えば真面目なプロ集団です。女性の特権でもあるErotic描写を永遠のテーマに掲げ、女性の魅力を最大限に演出・表現する手法を弁えています。大らかで健康的、豊満な肉体美は男性にとっての永遠のセックスシンボルに象徴されます。この3部作に関して言えば、ウンチクを抜きにして気持ち良い写真集と言えます。各テーマの分類もわかりやすく、Playboy誌(社)の歴史を垣間見ることができます。構成等も丁寧な作り込みをしてて、コミック感覚のサイズ感、価格等を含め納得のいくものです。どれを見ても愛くるしい表情のPlayGirl達のOnParade!、コケティッシュでCute、可愛いです。 Women of History
  確かにエロクなくアメリカンピンナップという感じですが、写真全体に「古さ」がつきまとっています。
 いい写真はいつみても、古くないはずなんだけど・・。
 あまり芸術的な写真集ともオシャレとも思えませんでした。
  古きよきアメリカ?
私も女性ですが、BRUNETTESの表紙の写真の美しさにみとれてしまい
購入してみました。
60年代から70年代の、ふわふわの絨毯の上で横たわっているような
ちょっとレトロなインテリアに溶け込んでいるものは、かえって新鮮でした。
やはり、この表紙のCristalという女性の写真が一番気に入っています。
全体的にはやはり男性の目を意識したものかもしれませんが、
この表紙を見る限りはそのような雰囲気は感じられません。
媚びていない美しさは、女性の憧れなのです・・・ 表紙に魅かれて・・・

Harry Potter and the Sorcerer

[ ペーパーバック ]
Harry Potter and the Sorcerer's Stone (US) (Paper) (1)

・J. K. Rowling
【Scholastic Paperbacks】
発売日: 1999-09-08

参考価格: 1,123 円(税込)
販売価格: 985 円(税込)
Harry Potter and the Sorcerer's Stone (US) (Paper) (1)
J. K. Rowling
Mary GrandPre
カスタマー平均評価:  4.5
ハリーポッターシリーズのペーパーバック本です。英語に挑戦です。子供むけの本で、英語は平易なのですが、幻想的で抽象的な表現や、崩した言い回しも多く、結構読みにくかったです。英語初級者学習用には、意外と不向きだと感じました。 ハリーポッター
 映画も見たことは無く、ハリーポッターは完全にはじめてよみました。次から次へと事件やなぞが発生するので、飽きることなく最後まで読みました。

 あまり重要でない登場人物の名前は忘れがちで混乱してくるので、そこらへん気をつけて読むといいかも(メモしとくとか)。 面白かった
 ハリー・ポッターの原書(英語版)には三種類のエディションがあります。
まずBloomsbury社が出しているUK版の原書には通常版とアダルト版があります。どちらも本文は全く同じですが、アダルト版は表紙が黒ベースで大人っぽい装丁です。またアダルト版の中表紙には通常版にあるHogwartsのエンブレムの絵がありません。
 Scholastic社の出しているUS版には大人向けの装丁はありません。
 どのエディションも1巻から7巻までペイパーバックが発売されています。

 US版ではイギリス独特の単語がいくつかアメリカ風に置き換えられています。たとえばセーター。UK版ではjumperですが、US版ではsweaterです。おそらくほとんどの日本人には、US版の方が若干親しみやすいでしょう。またUS版は巻の最初にcontentsがあり、章毎に内容を暗示する小さな挿絵があったり、見開きごとに章ナンバーがついていたりして、基本的に親切設計です。
 しかしなんといってもイギリスの話ですから、UK版の方が本場らしい雰囲気があります。またUS版にもイギリス英語ならではの言い回しがあるのでそこは微妙ですし、「ハリー・ポッターが英語で楽しく読める本」などの解説もUK版が中心です。
そのため、どちらを勧めるべきかは迷うのですが、私は最初に1巻だけUS版で読み、慣れてからUK版にいきました。こういうのも手です。
 英語はロアルド・ダールの児童書などよりはかなり難しいので、洋書初心者向けではありません。

 US版のレビューはなぜか翻訳と一緒にされているので、こちらに書きました。
 原書と翻訳はまったく別物ですし、英語版のレビューを一緒にして欲しいですね。 UK版とUS版の違いなど。
この本を最初に読んだのは二年前でした。図書館で貸し出しを申し込むとき誤って洋書をクリックしてしまい届いた英語の本に最初は戸惑いました。でも借りたのだから読むか という気持ちで読み始めました。 辞書を引くのも面倒なのでわからない単語は飛ばしながら読み始めました。映画は見ていたのでなんとなくストーリーは知っていたのですが最初の20ページは止めようかなと思いながら読み続けました。1/3を過ぎるころから本に引き込まれ読み終えたときはこの本のすばらしさに 映画ではわからなかったストーリーの深さに感動しました。
昨年の夏最終巻までをすべて英語で読み終えた時 もう一度第一巻を読みたくなり購入しました。 この第一巻にすべてが凝集されていることを改めて知り 最初に第一巻を読んだ時の感動が数倍になりました。すごすぎる世界中でベストセラーになるのはそれなりの理由があるのですね。 感動
 事情があって、人間界で育てられた魔法使いハリーが年頃になって、人間界を離れ、魔法使い学校で同年代の生徒と生活しながら、魔法の勉強したりして、さまざまな事件に巻き込まれていく、ワクワクするようなおとぎ話です。

 話の山場は、なんと言っても映画でもクローズアップされた生徒達の間で行われるQuidditchと呼ばれる複数ボールの空中ホッケー。スピード感があって、読んでいても気持ちがスキッとしてきますね。さて、ハリーのいるチームは勝つのでしょうか?

 また、物語のサブタイトルにもなっている「賢者の石」とは、どんな金属も金に変えてしまい、永遠の生命を得ることができる奇跡の石で、悪者の手に渡ると魔法使いの世界が暗黒に変えられてしまう!ハリーと仲間達は、学校の秘密の入り口から賢者の石を探しに奥深くと進んでゆくのだが・・・彼らに何が待っているのだろうか?

 と、ワクワクしながら楽しんで読むことができますが、注意したいのは、登場人物が比較的多いので、最初の登場の時点で、注意しておかないと後で出てきた時に先生だか生徒だかフクロウだか、ワケわからなくなってしまう(笑)ハグリッドという用務員のような男の話言葉が、くだけすぎてて、最初は馴染みにくいけど、実際に声に出すつもりで読むと「なるほど、確かにそう発音している。」

 でも、結局、読んでみて損はないです。ハイ。

噂にたがわぬ痛快爽快なおとぎ話

Pocket Medicine: The Massachusetts General Hospital Handbook of Internal Medicine (Pocket Notebook Series)

[ リング製本 ]
Pocket Medicine: The Massachusetts General Hospital Handbook of Internal Medicine (Pocket Notebook Series)

・Marc S Sabatine
【Lippincott Williams & Wilkins】
発売日: 2007-08-01

参考価格: 5,105 円(税込)
販売価格: 4,882 円(税込)
Pocket Medicine: The Massachusetts General Hospital Handbook of Internal Medicine (Pocket Notebook Series)
Marc S Sabatine
カスタマー平均評価:  4.5
 新版になってから非常に見やすく、かつ情報も更新されて文句の付け所がありません。ハリソンさんとかワシマニュ、Up To Dateなどで調べものをしたら、この本も見てください。いままで気にも留めていなかった処に調べたことが実はちゃんと記載されていた、なんてことが多々あります。読めば読むほど味の出てくる、コンパクトながら深い本です。
 初期・後期研修医に限らず内科に携わるすべての医師にお勧めです。 サイコーです!!
読みやすいって言うけど、一行の中に詰まっている情報が濃すぎて、理解不能な行がおおい。
この小さい本を理解するために、HarrisonやMKSAPを読んで”そういういみかあ”なんて思ったり、自分で足りないところをページを追加しながら勉強してます。日本の医学生レベルの本とは桁が違いすぎます。 小さいけど、全部理解している人は少ない
最近,周りで持っている人がずいぶん増えました.
箇条書きでコンパクトにまとめられていて読むのが負担にならないだけでなく,根拠となる文献がしっかり明示されている.非常に重宝しています.
文字が小さいすぎるのと微妙に日本の実状とズレがある点(←これはしょうがないんだけど)を除けば,パーフェクト.
日本語訳が「MGH内科診療マニュアル」という名前で出ているので,こっちを使ってもいいかなと思います. もはや定本
循環器、呼吸器・・・・とメジャーの主要疾患と鑑別診断がフローチャート式?で記載されています。バインダーは上3つと下3つの形式です。ただ、字はほんとに小さいです。読み取れる最小の大きさでしょう。本書の穴の開け方がバインダーの穴と少しズレていて、閉まりにくいのは僕の買った本が不良品だったからだけなのでしょうか?と、使いにくい面もあるのですが、自分で付け足していけたり、コンパクト&ポイントが絞られている点など買う価値アリです! 主要疾患と鑑別診断がコンパクトに記載
構成的にはyear noteを出している出版社のreview bookに近い。<br>診断や鑑別の手順、米国におけるスタンダードな治療が簡潔に書かれている。review bookと違って、検査の特異度/感度、治療の奏効率、根拠となる文献が逐一細かく記載されていてかなり実用的。内科レジデント実践マニュアルや内科レジデントマニュアルの米国版かな?バインダー型式なので自分でページを追加することができる。治療薬については日本にない薬もあるので、日本のレジデントマニュアル本や今日の治療指針などと照らし合わせると勉強になる。当たり前だけど、それほど詳しいことは載っていない。 ポリクリ学生/研修医に向いている本

Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK)

[ ペーパーバック ]
Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK)

・J.K. Rowling
【Bloomsbury Publishing PLC】
発売日: 2008-07-10

参考価格: 1,403 円(税込)
販売価格: 1,832 円(税込)
Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK)
J.K. Rowling
カスタマー平均評価:  5
I was so happy to read the final book of this series.  Every book is easy to read and once you start you just can not stop.  This book was a good wrap up.  I think Rowlings felt she was a little hard on Harry because at the beginning everything was so bad.  But the break out from the goblin bank and other things later on treat harry and his friends really light.  Voldemont downfall at the end was really appreciated.  He turned out to be a character that you really hated.   Snape I still feel in a limbo on.  But that is how it goes.  Thank you for writing such fun books. wonderful wrap up but at times I wondered
ほんとに面白い本だった。これまで隠されてきた秘密がどんどん明らかになって満足したし、結末についても、納得がいくものだった。ストーリーが魅力的であれば、いつの間にか夢中になって、英語であろうと、わからない単語はとばして、頭のなかで映画のようにイメージしながら読めるものだなと思った。こんな本にまた出会いたい。 大満足のエンディング
期待に胸を膨らませ、ハリポタ・シリーズ第7巻の原書を購入して読みましたが…6巻までを読んだときのように気分が高揚しませんでした。まず残念に思ったのは、物語前半と中盤のテンポの悪さ・冗長さいう欠点が改まっていなかったことです。それから、ハリーの言動に対して感情移入も共感もしにくかったことです。それから、愛すべき大勢の脇役キャラが粗末に扱われている点(あの場面で、あのキャラをあんな風に死なせなくてもいいのに…と思うことが多かったです)、説明不足やご都合主義が多い点、意外性を欠く月並み且つ中途半端なエピローグにも失望を禁じ得ませんでした。(感動した人、本当にごめんなさい)。勿論、第7巻にも部分的には見所や魅力があります。例えば死の秘宝の伝説、ゴドリックの谷のシーン、ドビーの奮闘、スネイプのエピソードは、確実に私の心をつかみましたし、予想以上に読み応えがありました。ただ、第7巻を全体として見たとき、上記のような欠点がどうしても目についてしまい、胸を打つような感動にも心地よい余韻にも浸れないのです。私がこのような感想を持ってしまうのは、やはり最終巻ということで、今まで以上に作品に多くを求め過ぎ、作品を見る目が一段と厳しくなってしまったせいかもしれません。…私は第7巻には余り満足できず、完全燃焼はできませんでした。でも、ハリポタ・シリーズ自体はどうしても嫌いになれません。何故なら、シリーズを通じて大勢の人と共有できる話題を提供してくれたからです。そして、世界観と雰囲気自体は気に入っていますし、何だかんだ言いつつ楽しんだ部分が沢山あるからです。ハリポタの思い出は、宝物としていつまでも大事に心の中にしまっておきます。 最後の最後で不完全燃焼

長らく楽しんでいたHarry Potterシリーズもこの第7作で最終ということで、一体どのような締めくくりになるのだろうか、名作にふさわしい作品に仕上がっているのだろうか、最後にがっかりすることがないだろうか、など期待と不安の入り混じった気持ちで読み始めたが、結論的には期待に違わぬ充実した内容で、楽しめたし感動しました。

内容は実に盛り沢山で、Harryが安全な場所へ避難しようとして待ち伏せを受ける最初から、最後のHogwartでの決戦まで息もつかせぬ思いもかけぬ展開が続きます。謎解きの方も今回新たに出てきたDeathly Hallowsに関わることだけではなく、これまで謎であったことがすべてきっちり説明され、納得できます。

登場人物もこれまでシリーズで活躍してきた人達が最終話にふさわしく色々な形でもれなく登場するのも嬉しいところ。とはいってもやはり中心はHarryとRonとHermioneの3名で、途中いつものようにひと悶着はあるのですが、友情は健在です。RonとHermioneはそれぞれにふさわしい活躍をするし、最後はHarryが本当にすばらしい勇気を見せてくれて感動しました。

また、個人的に納得できたしよかったと思ったのは、彼に関する部分です。あっけなく舞台からおりてしまうのかと思われた最後に重要な役割を果たしてくれました。このシリーズではずっとHarryが光だとすれば彼は影の部分を演じてきて、最後までそれは変わらないのですが、見事な生き方を見せてくれたと思います。

どんなに途中で面白いと思った作品でも最後で尻すぼみになってがっかりする場合もあるのですが、最初に述べたように本書は本当に期待通りの内容であり、これでこのHarry Potterシリーズは真に名作の仲間入りをしたのではないかと思います。 感動の最終話
女子高生風にひと言で言えばこんなところか。このシリーズには全編を貫く謎が
随所にちりばめられているので、それが落ち着くところに落ち着くという点では
面白かった。

ただし、独立した作品として見ると、前半のテンポの悪さ、不必要なところを
くどくどと書き込みすぎる作者の悪い癖が多く出ていること、そして何よりも
クライマックスの解決法がこれかよ!と言いたくなる点で、あまり高く評価する
ことはできない。しかし、謎解きものとしてよくよく練られているので、まあ
イイか、という感じに落ち着く。

全体的には、この作品では敵役が結構カワイソーという感じに描かれているのが
印象的だった。これが女性的な視点というヤツなのだろうか。ある1つの視点が
全編を貫いているのが、なかなか立派だなあと思う。そのテーマとも言うべき
感情ゆえに、最後にヴォルデモートが丸裸にされていく過程は、小気味よささえ
感じさせる。

しかしもうお腹いっぱいと思いつつ、「○○が△△なのは何故?」などと好奇心
に負けて最後まで読まされてしまった。
それだけ商業的には作者の術中にはまってしまっているのだが、五巻あたりまで
真面目に読んだ人はみな、七巻目まで読まされてしまったのではないだろうか。
それにしても作中本を別に書いて出版してしまったりする作者の用意周到さには
ビックリ仰天した。本作のラストからも新たに本が出る匂いがしたのだが、疑い
すぎだろうか?
(最終章で「帰ってきた」と言われた薄幸な青年の冒険ものとか・・・) え〜、あれ〜、うっそ〜!でも、ま、いっか!

He

[ ペーパーバック ]
He's Just Not That into You: The No-Excuses Truth to Understanding Guys

・Greg Behrendt ・Liz Tuccillo
【Harper】
発売日: 2009-01-05

参考価格: 1,203 円(税込)
販売価格: 1,160 円(税込)
He's Just Not That into You: The No-Excuses Truth to Understanding Guys
Greg Behrendt
Liz Tuccillo
カスタマー平均評価:  4.5
私自身ルールズなんて読んだことないんだけどね、でもさ、いかに自分を磨いてイイ男を引掛けるか?
そんな事を考える前に自分自身の未来のために、今の現在と過去の自分の恋愛をこの本を読んで採点してみるのもいいかもしれないわよ。
私は中年既婚者だから関係ない話なんだけど、こういう恋愛話って世界共通なんだと思いました。
内容も、「毎日メールを交換し合っていたフランス人の彼がメールをくれなくなった。グレッグ、これってどう言う事?」とか、
既婚男性との恋愛、体重管理にうるさい彼に対して「パーソナル・ブリー(意地悪)=個別・意地悪指導者だ!」とお茶目な指摘をした後、相談者に別れることを勧める様は、ある種痛快です。
CDブックと一緒に購入することをお勧めするわよ。 ルールズを読む前に知っておいた方がいい事。
ポケットサイズで可愛い表紙。持っているだけでうれしい気分。
1ページの分量が少ないので読みやすいが、ネイティブ的言い回しは、良く分からない部分けっこうあり。私の英語力の問題かな? でも私の興味ある恋愛分野なので、あまり苦なく読み進められました。

これを読むと男性に対して強気になれる。しつこいくらいに、「こういう男性の態度、反応は、結局あなたをそんなに好きじゃないってこと!」と忠告してくれます。
これだけ繰り返してくれれば、目も覚めるってもんです。(笑)
すばらしい〜こんなにしつこく言ってくれて。星4つにしたのは、読者からの悩み相談に答える形式のほうがよかったかな〜と思ったからです。

読んだ後に男友達から電話があり、いつもより自然に強気になりました。ぜんぜんこの本の事は、意識してなかったのに、何かが私の中で変わったようです。私としては、かなりそっけない態度でしたが、とても受けが良かったみたいです。勝手にしつこく誘ってくれました。(笑)私のように空気を読みすぎる人には、このくらい強気でちょうど手ごたえのある女性になれるらしい。その上、電話を切った後がすごい爽快感! 正直気持ちよかったです。

男性の前では、つい優等生やいい子になってしまう女性にお勧めです。やさしさが裏目にでてしまう女性にも。
どちらにしても、この本の言ってることはあたってると思います。男性は良くも悪くも単純で、したいことはする、したくないことはしないんですね。
シンプルですが、なかなか気づかない真実。これからもこの調子でがんばるぞ 男性に対して強気になれる
結婚をした今でも、昔の情けない恋愛を思い出すたび、その頃の自分に同情してしまう。でもこの本を読めば、そんな自分からぬけだせます。いま100%満足できない恋愛をしている人はもちろん、今は幸せだけどつらい恋愛をしてきた人も必読です!!!なんてすかっとするんだろう。 あなたを解き放つ本
どんなに恋愛を重ねて大人になっても、恋に落ちるとつい、分かりきっていることも見えなくなってしまう(つまり、彼が連絡くれないのは仕事が忙しいから、前の恋愛で傷ついていてことを進めるのを慎重にしているから、急な病気になって入院しているかも、もしかしたら、事故にあって死んでしまったかも・・・・などなど)、いくらでも、希望をつなげるために女性たちは言い訳を考えてしまうもの。。。。私もちょうど悩んでいるときに読みましたが、恥ずかしいほどあっていることばかりで、グレッグの言い回しに、大爆笑しつつも、情けないやら、涙がこぼれるやら、あまりにもあたりすぎて痛く、ほろ苦い涙とともにいっきに読みました。ちなみに・・・、個人的には、たとえ彼がどんなにシャイな男性だろうが、何人だろうが、何歳だろうが、恋愛に年齢も人種も国籍も関係なくこのグレッグの言っていること(男ごころ)は万国共通な気がします。

男性の愛情表現は言葉よりも行動こそ雄弁なり!
つまり行動がないのは、愛情も無いということ!

二人の著者は時には笑いをそそる言い方をしつつも、言い訳は許さない男心の本音をズバリ言ってくれて私たちの不毛な恋の希望を打ち砕いてくれます。そして、あなたを大事にしてくれない彼との恋愛関係は時間の無駄!!あなたはそんな暇はない、もっと誠実な男性に愛されて素晴らしい恋愛関係を持つことができる、すべての女性は幸せになる権利が当然あるのだから・・・!と励ましてくれます。


私も次!次に行きます!

最高です!すべての悩める女性に読んでほしい!
この本は読むべきです! 女性の皆さーん、読むべきですよ!
なぜか?それは相手が自分を本当に好きなのかどうかの判断基準になるからです。男性の頭の中はとてもシンプルだという事にハッとさせられます。
なぜ彼は電話をくれないのか。
なぜ彼は浮気をするのか。
なぜ彼はデートに誘ってくれないのか。
なぜ彼は結婚を決めてくれないのか。
このような質問と悩みを書いた手紙を筆者が解答する方式で書かれています。筆者は男性ですが追って女性の筆者が女性の立場でその意見をまとめています。この本のプラス部分はそれですね。男性だけの考えに偏りすぎてない。
“それほど君に夢中じゃないんだよ’という著者の言葉は辛口ですが現実です。
女友達にグチを言うよりさっさと新しい恋に進む決心がつきますよ。 別れる?別れない?この本を読みましょう

Early Autumn

[ マスマーケット ]
Early Autumn

・Robert B. Parker
【Dell】
発売日: 1992-04-05

参考価格: 817 円(税込)
販売価格: 884 円(税込)
Early Autumn
Robert B. Parker
カスタマー平均評価:  4.5
本書のベストセリフ
「極度に断定的であるのは、
  脅えているか、愚かか、
  あるいはその両方なんだ。
  現実は不確定だ」

スペンサーシリーズ7作目。

『カラフル』(森絵都)の元ネタだと思うのは穿ち過ぎ?
でも、15歳のチビヤセ少年(救いは芸術のみ)、
犯罪会社の父親、
不倫する母親、と設定クリソツだぞw
もちろん、こっちの方が深くて素晴しい!
美術ネタはボストン近代美術館とメトロポリタン美術館と
モンドリアンとハドスン川派とアンディ・ウォーホール。
ウォーホールは知らなくていい悪い例として出てくるのが素晴しい!
パーカーの芸術観はほんと、自分にシンクロします。
他の芸術ネタはバレエと現代舞踏が出て来ます。
親に見捨てられた15歳の少年を
スペンサーが教育する感動大作。
ボクサーか探偵助手にでもするつもりかと危惧されるが、
少年が見つけた夢はなよなよしたバレエダンサー!
マッチョマンだが優れたジェンダー観を持つスペンサーは、
バレエなんか女のやることだとは言わず、
少年の夢実現の為に陰謀を巡らす!
子供の為に恐喝も殺人もする感動のハードボイルドというか既にノワール!
少女を育てたら変態ロリコンものになるが、
少年を自立させる感動大作である。
身近に手本になる素晴しい大人がいなかったので、
自分は駄目人間になったと嘆いて許されるのは14歳まで!
15になったのなら、自立して素晴しい人間になる努力をすべき。
不確定社会を生き抜く為の素晴しい教科書
英語の勉強にと原作を手に取りました。
日本語訳は読んでいませんでしたが。とても良かったです。特に"Too much positive is either scared or stupid or both. Rearity is uncertain. It オススメです。
スペンサーシリーズの中で、この作品は別格。
ハードボイルドながら心温まる、ホロリとさせる作品です。 別格です
自立する力をつけるための様々なアドバイスがスペンサーからポール少年に与えられる。ポール少年は成長する。この作品は傑作として認知されているが、あえて星三つにしたのは、作者パーカーさんの作為が感じられるためである。スペンサーはこういう男なのだ、あるいは、作者パーカーはスペンサーにこのように考えさせているのだ、という作為である。ポール少年の存在は言語化させるための単なる手段になってしまっている、という感じがいつもつきまとっている。ポール少年はひょっとするとスペンサーの頭の中の弱さとしてのシンボルであって、実在していないのではと、森博嗣さんの小説をよんだあとだったので、なんとなくドキドキしてしまいました。
あえて星みっつ
スペンサーシリーズ3大傑作の筆頭。<br>これらの本の影響もあって、バックベイに3年も<br>住んでしまいました。ストーリーもさることながら、<br>会話の妙とマッチョの美学かな。 3大傑作のNo.1

The Great Gatsby (Penguin Popular Classics)

[ ペーパーバック ]
The Great Gatsby (Penguin Popular Classics)

・F Scott Fitzgerald
【Penguin Classics】
発売日: 2007-01-25

参考価格: 391 円(税込)
販売価格: 525 円(税込)
The Great Gatsby (Penguin Popular Classics)
F Scott Fitzgerald
カスタマー平均評価:  4.5
まず、この洋書は実に読みやすい。英語にあまり慣れていない方にもお勧めしたい。
また付け加えると、本書の日本語版はよくできていると思う。誰しもが一度は体験して、それが決して戻ってくることがないものだとは、「青春を体験しているうちは」気がつかないものだ…ということをうまく訳文に表すことができているといえる。
本書の冒頭は、主役の父の忠告の思い出で始まる。そして、登場人物の青春群像が繰り広げられる…誤解しないで欲しい。この本はそれほど単純じゃない。所謂「ロスト・ジェネレーション」エージの作品で、一見楽しそうな青春を送っている人物の孤独、といったもの、あるいは「悩める二枚目」とでもいうべき、やや悲しい描写、というものが少なからずある。
このペンギン版で、このお値段なら迷わずご購入を。今出回っている日本語版もいいですが、原著をひもとくのもいいですよ。 はかなき青春時代
   Nick, the protagonist in this story, comes to know a man named Jay Gatsby, who seems to be expending as much money as possible as if thinking about nothing. However, he turns out to have his purpose. When Nick sees Gatsby for the first time, the latter behaves great, and he, albeit there being certain doleful disclosure about him later, behaves greatest at his last meeting with the former.  
   The title "The Great Gatsby" is somewhat ironical, but to read this tale will make it possible for you to know there is a genuinely great life like that of Mr. Gatsby The Great Gatsby
 1922年に中西部から東部に引越ししてきた証券会社の社員ニックを語り手に、
 巨万の富をもつ青年ギャツビーの、
長年おいもとめていた恋人と再会する様子や
思いがけぬ悲劇的な終焉を描いています。
 重ねてニック自身の恋の行方、そして、ギャツビーに対する友情も語られます。

 当時のニューヨーク近辺の富裕層の風俗や、街の様子が
物語に独特の雰囲気を与えていて、面白いです。 「ディズィ、あなたに会っていると、こっちはいかにも田舎者っていう気がしてくる」
戦争後に職にあぶれたロスト・ジェネレーション世代ものの代表作。
あまり指摘されないことだが、この作品では「古き良き白人社会」への妄執がトムの狂信的な主張とデイズィの裏切り、そしてギャツビーの懐古趣味的なデイズィへの執着と成り上がり根性によく現れていると思う。
ニックは「古き良き」社会にも属せないが、かといって新しい社会を築こうとするわけでもない、まさに宙ぶらりんの存在であり、それが故に昔にこだわる人間の悲劇をよく理解し、読者に紹介できるのではないだろうかと思われる。

特に最後の文章は何度読んでも深く考えさせられる。
まさに人間とは、過去へ過去へと運び去られる存在に他ならないが、進む先は未来にしかないのである。 古き良き過去への妄執の恐ろしさ
「彼女の声、それは金にあふれた声だった。高く低く波動する尽きせぬ魅力があった」 

デイズィという女性を表現する、有名な一文。 
ぎらぎらの野望で短い人生を駆け抜けたぎギャツビーの原動力となったのは、この女性だった。 

結局デイズィという女性は単なる愛情の対象としての女性ではなく、上流階級の象徴であり、ひいてはギャツビーにとって絶対かなえなくてはいけない『夢』であった。それさえ手に入れる事ができれば全てを手に入れられる、約束された土地。 
しかし、『夢』は実態のない、コントロールできないものだった。 

クライマックスにくるまで、デイズィに対するネガティブな描写はでてこない。 
怠惰で派手でぜいたくな、社交生活を繰り広げる上流階級の人々の様子に読者は虚しさを覚えるだろう。しかしその中で唯一、デイズィは常に鈴の音のような声で、その世界の先にきらきらしたものが待っているかのように、ギャツビーを魅了する。 

しかし、ギャツビーの命があっけなく奪われた後葬式にデイズィは電話のひとつも花の一輪もよこさない。ニックは彼女の本質を次のようにみている。 

「トムもデイズィもー品物でも人間でもを、めちゃめちゃにしておきながら、自分たちは、すっと、金だか、あきれるほどの不注意だか、その他なんだか知らないが、とにかく二人を結びつけているものの中に退却してしまって、自分たちのしでかしたごちゃごちゃの後片付けは他人にさせる・・・」 

ギャツビーは、デイズィの家の桟橋の突端に輝く緑色の灯をみた。その緑色の灯こそ、手にすることのできないデイズィという女性そのものだったように思える。 

この物語は、夢を追わずにはいられない人間の性とその美しさを描く一方、夢につきものの、そのはかなさと虚しさを描いている。読んだ後切なく、なにか実体のないものに郷愁を覚えるのはそこに普遍性を感じるからだろう。  
夢の儚さを対岸で見た物語

The Reader (Movie Tie-in Edition) (Vintage International)

[ ペーパーバック ]
The Reader (Movie Tie-in Edition) (Vintage International)

・Bernhard Schlink
【Vintage】
発売日: 2008-11-25

参考価格: 1,373 円(税込)
販売価格: 1,226 円(税込)
The Reader (Movie Tie-in Edition) (Vintage International)
Bernhard Schlink
カスタマー平均評価:  4
ずいぶん前から僕の周りでは話題になっていて、 
そのままにしてたら、 
先日マイミクさんに渡されて、 
読んでみました。 

前半、 
お、なんだこれ、 
官能小説か? 
なんて思って喜んで読んでいましたが、 
なんのなんの。 

ものすごく重い命題が含まれた作品でした。 
年上のきれいな女性と、 
高校生の少年。 
二人の関係を、少年の目線から描いている。 
まずは、 
その感じが良い。 
単純に、少年時代に健全に生きてきた男にとって、 
共感と言うか、 
そのあこがれる心は、 
永遠とも思える記憶として誰もが持っているだろう。 
もちろん、ここまでうまくいった(?)例はそうないだろうけど。 

しかし、実はそれは大きな前ふりで、 
その一緒に過ごした時間が、 
甘く濃厚であったがために、 
少年は、そのことを抱えながら生き続けることになる。 

中盤以降の、 
年上の彼女が、元ナチスの看守であったこと。 
その裁判を傍聴し続けることで、 
彼女と再会する少年。 
その裁判によって、 
彼女の秘密を知り、 
葛藤の中、 
服役する彼女に朗読を続けることにする彼。 

衝撃な結末とともに、 
そこに至る過程と、 
書かれている問題の重さは、 
読む者を圧倒させる。 
前半の二人の関係と、 
後半の二人の関係の変化もまた、 
愛の本質を考えさせる、 
何とも切ない、 
ある時代が生み出した皮肉な物語だった。 ある時代が生み出した皮肉な物語だった
 第二次大戦の傷深いヨーロッパについにこういう作品が出た。終戦後は戦争被害者の立場から書かれた作品が感銘を与えた。時を経て今までの経験や価値観では割り切れないものが残った。小説も映画も独特の哲学をもち、あの悲劇の時代を考察し始めた。
 ハンナの存在に魅了されるひとは多いだろうが、いっぽうでハンナのさまざまな特質ー彼女が清潔好きだという点、所作がぶっきら棒に見えるほど逞しい肉体の持ち主だという点、曖昧さのないきりっとした性格など、このようなあまたの美点こそナチズムに結びつく欠点でもあった、そんなことにも気づかせてもらった。最後の年々日々のハンナはまさに殉教者を彷彿とさせた。彼女の受難に、態度に自分を重ねている作者の声が聞こえてくるような気がする。ヨーロッパ人の声が聞こえてくる。 ハンナはわたしだ、という作者の声が聞こえる
みんななんか変ですよ。
映画を見た人ならともかく本を読んだ人がみんな作者のトリックに引っかかったままなのは。
この本は自分の価値観をすべてなくして読まないと感動は得られないと私は思います。
これから書くことが違反なら報告してください。
ミステリーの分野じゃないから大丈夫かな?
「おーい 彼女が主犯でないことを知ってるひとがもう一人いるぞー」

私は作者は天才だと思います。 みんななんか変ですよ
先日この小説を映画化した「愛を読む人」を見、映画を見てこの小説を読もうと思った方の参考になればと思っています。 映画では、官能的な場面や裁判の場面など印象的なシーンが多い中、ケイト・ウィンスレット演じるハンナの秘密は何なのか、ということがこの映画の見せ場になっていると感じました。 しかし小説「朗読者」ではその秘密に対するハンナ、そして戦犯者だったハンナを、愛してしまったマイケル、それぞれのコンプレックスに対する姿勢が描かれており、それがこの小説の一つの魅力になっていると感じます。 小説では、映画で少ししか描かれなかった第二次大戦での犯罪を傍観していた親や教師などの大人たちに対する、当時の子供たちの思いなど深く描かれたものが数あり、映画を見た方は是非小説も読んでみて欲しいと思います。 また小説は読んだが映画はまだという方は、映画も見てはいかがでしょうか。 小説とはラストシーンが違い、個人的には映画のラストシーンの方が好みでした。 楽しめると思います。 映画を見た方へ
15歳の少年が、36歳の女性と恋に落ちる
場所はドイツ、時は1958年ごろ

女性は朗読をねだり、少年はその期待に応える
永遠に続くと思われたその関係は..


徹頭徹尾、少年の「生身の」視点で書かれている
その視点は、あるときは献身的で、あるときは退廃的だ

本全体を覆う、この生臭ささに耐えられるか否かが
評価の分かれ目だと思う
私は、耐えられなかったが.. あるときは献身的で、あるときは退廃的

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 
9 / 10


洋書ミュージックDVDソフトウェアゲームエレクトロニクスホーム&キッチンおもちゃ&ホビーヘルス&ビューティースポーツ時計

リンクフリー ■ サイト名 : アマゾンde通販 ■ URL : http://ama.inforeformer.com/
■ 説明 : 「アマゾンde通販」 はWiiを始めとした売れ筋商品をジャンルごとに特集した通販サイトです。
  バナーはこちら →

※ ダウンロードして使用!

88×31

120×40

200×40
 

copyright © 2009 アマゾンde通販 .all rights reserved.      4.4
 更新日 2009年7月16日(木)  ※ 表示価格は更新時のものです!      メール